トップページ > 言語聴覚士(ST) > 言語聴覚士(ST)とは

言語聴覚士(ST)とは

言語聴覚士という資格はST(スピーチセラピスト)という略称で呼ばれる、1997年に創設された国家資格です。

言語聴覚士の国家資格ができる前は、
「臨床言語士」や、「言語療法士」など、各民間団体が独自に認定資格を定めていました。

そして1997年に言語聴覚士という資格が出来、1999年に第一回の国家試験が実施され、言語聴覚士という専門的な技術者としての資格が国によって認められるようになったのです。


言語聴覚士は、様々な原因により、言葉や聴覚に障害がある人に対して、言語聴覚士は専門的な知識と技術をもとに、訓練や指導を行い、機能回復を図る言語聴覚訓練のエキスパートです。

言語聴覚士が対応する障害は、言葉や聴覚の障害のほか、食べる際の障害である摂食障害、嚥下障害も訓練の対象に含まれます。

以下が、言語聴覚士の訓練の対象となる主な言語障害、聴覚障害、です。

・病気または事故による言語障害
・脳性麻痺による言語障害
・音声障害、吃音、構音障害、早口症、
・聴覚障害
・摂食障害、嚥下障害

言語聴覚士(ST) | 言語聴覚士の仕事内容 ≫