トップページ > 言語聴覚士(ST) > 言語聴覚士 資格取得への道

言語聴覚士 資格取得への道

言語聴覚士を目指すには

言語聴覚士になるためには国家試験に合格する必要があります。

言語聴覚士国家試験を受けるには、下記のような受験資格がありますが、新資格の特例として、現在病院や診療所等の施設で法律に指定されている業務に5年以上携わっている人は、更生労働大臣の指定する講習会の課程を修了することで2003年度までは言語聴覚士国家試験の受験資格が与えられていました。
 
 
 
言語聴覚士 資格取得までのルート

高等学校の卒業者
文部科学大臣が指定した大学(4年制大学、3年制短期大学)、または厚生労働大臣が指定した言語聴覚士養成所(3年ないし4年制の専修学校)に入学し、必要な知識および技能を修得して卒業すること

大学等で、2年以上指定科目を履修した者(高等専門学校では5年以上)
言語聴覚士養成所で1年以上言語聴覚士として必要な知識および技能を修得すること

大学等で、1年以上指定科目を履修した者(高等専門学校では4年以上)
言語聴覚士養成所で2年以上言語聴覚士として必要な知識および技能を修得すること

4年制大学卒業者
2年制の専修学校において必要な知識および技能を修得して卒業すること

海外の大学などで言語聴覚療法の学校を卒業、または免許取得者
厚生労働大臣に書類を提出して認定を受けることにより、受験資格が得られる。

大学(短期大学を除く)での指定科目を修了した卒業者
書類審査を経て受験資格が得られる。


―――――――――――――――――――――――――――――――
言語聴覚士国家試験 詳細問い合わせ先

(財)医療研修推進財団
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-22-14
ミツヤ虎ノ門ビル4F
TEL 03-3501-6515
 
 
→言語聴覚士の学校、講座を比較する
 
 

≪ 言語聴覚士の職場 | 言語聴覚士(ST) | 言語聴覚士国家試験 試験概要 ≫