トップページ > 言語聴覚士(ST) > 言語聴覚士の職場

言語聴覚士の職場

言語療法士が働く職場は、主に病院などの医療施設となっています。
利用者の障害の程度に合わせて、言語療法士は、教育的なアプローチや医学的知識を駆使して、また、カウンセリングなどの心理的な要素も取り入れながら、リハビリテーションを行います。

福祉施設では一部の例外を除いて言語聴覚士の設置が義務付けられていなかったため、言語聴覚士を採用する福祉施設は少なかったのですが、現在は平均寿命も延び、高齢者の言語障害が増えてきていることから、言語聴覚士を採用する福祉施設も年々増えてきています。

現在、言語聴覚士の数は1万人以下と言われておりますが、言語聴覚士国家資格が制定される前からあった、民間認定の資格のまま就業している人も、何千人かいると言われています。

しかしながら、言語聴覚士国家資格取得者と民間認定資格取得者を合わせても、いまだに言語聴覚士は十分な人数が揃っているとは言えず、他の先進国の言語聴覚士の数に比べると著しく少ない数字となっています。
 
 
 
言語聴覚士が働く主な職場(例)

医療機関
一般病院、大学病院、小児病院、老人病院、診療所

医療・福祉連携機関
介護老人保健施設、リハビリテーションセンター、デイケアセンター、
訪問介護ステーション

福祉施設
老人福祉施設、身体障害者更生援護施設、児童福祉施設

教育機関
養護学校、難聴学級

≪ 言語聴覚士の仕事内容 | 言語聴覚士(ST) | 言語聴覚士 資格取得への道 ≫