トップページ > 作業療法士(OT) > 作業療法士の将来性について

作業療法士の将来性について

超高齢化社会を迎えようとしているなかで、2000年より介護保険制度も始まり、医療や保険、福祉が連携したリハビリテーション分野での作業療法士のニーズは増大しています。

作業療法士の資格取得者は4万人を超えていますが、まだまだ十分な数には達していません。お年寄りに限らず、身体に障害のある子供からスポーツ医学の分野など、幅広い人たちに対し作業療法士の仕事の需要が高まっています。

また、作業療法士はリハビリテーションの専門家ですが、運動能力の回復だけにとどまらず生活復帰や職場復帰への道を切り開くという意味で、より利用者の内面に深く立ち入る必要がでてきます。
利用者の状態は一人一人全く違いますから、作業療法士は利用者とコミュニケーションをとり、それぞれの人に合った援助が提供できるような能力も必要となってきています。


 
→作業療法士の学校、講座を比較する
 
 

≪ 作業療法士国家試験 試験概要 | 作業療法士(OT) | 作業療法士 講座情報 ≫