トップページ > 作業療法士(OT) > 作業療法士国家試験 試験概要

作業療法士国家試験 試験概要

作業療法士国家試験 試験概要


1.試験日(2006年度)

   ・筆記試験          平成18年3月5日(日曜日)
   ・口述試験及び実技試験 平成18年3月6日(月曜日)

 
2.試験地

   ・筆記試験          
      北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、
      香川県、福岡県及び沖縄県

   ・口述試験及び実技試験
      東京都 

3.試験科目及び試験方法

   ・筆記試験
     一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行う。
     ただし、点字試験受験者に対しては、実地問題については行わない。
     また、視覚障害者に対しては、弱視用試験又は点字試験による
     受験を認め、点字試験受験者に対しては、試験問題の読み上げの
     併用による受験を認める。

     a 一般問題
        解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、
        リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、
        臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

     b 実地問題
        運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、
        臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

   ・口述試験及び実技試験
     点字試験受験者に対して、実地問題に代えて次の科目について行う。
     運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、
     臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法


4.受験資格

    作業療法士受験資格の詳細はこちらを参照

  
5.受験手数料

  10,100円


6.合格発表

  平成18年4月12日


7.作業療法士国家試験に関する詳細問い合せ先

 ・各地方厚生局、支局
 ・厚生労働省医政局医事課試験免許室
 国家試験係
 〒100-8916
 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
 TEL 03-5253-1111


 
→作業療法士の学校、講座を比較する
 
 

≪ 作業療法士資格取得への道 | 作業療法士(OT) | 作業療法士の将来性について ≫