トップページ > 作業療法士(OT) > 作業療法士の職場

作業療法士の職場

作業療法士は、病院等でリハビリテーションを行う担当です。
作業療法士は、身体機能に障害をもつ人や、老年期の障害をもつ人に対し、様々な作業療法を提供し、機能の回復や維持を行う、作業療法士はいわば、リハビリテーションのプロフェッショナルです。

実際担当する仕事内容は、作業療法士と理学療法士では違いますが、多くの場合、理学療法士のあとを引き継いで作業療法士が作業療法を行っていますので、理学療法士と作業療法士の働く職場やフィールドは、ほぼ同じとなっています。

作業療法士の職場は、約6割が一般病院、精神・神経科病院、リハビリテーションセンターなどの医療機関です。
 
福祉施設での作業療法士の割合は、医療機関にくらべ、低くなっていますが、今後さらなる高齢化社会をむかえるにあたり、リハビリテーションの重要性が広く認識されてきています。今後は福祉分野での作業療法士の需要はますます高まっていくと考えられます。
 

〜〜〜作業療法士が活躍する職場例〜〜〜

・医療機関
  一般病院
  精神・神経科病院
  リハビリテーションセンター
  老人病院
  小児病院

・医療と福祉の連携施設
  介護老人保健施設
  訪問介護ステーション
  デイケアセンター

・福祉施設
  特別養護老人ホーム
  老人福祉センター
  在宅介護支援センター
  身体障害者更生援護施設
  児童福祉施設


≪ 作業療法士の仕事内容 | 作業療法士(OT) | 作業療法士資格取得への道 ≫