トップページ > 理学療法士(PT) > 理学療法士の将来性について

理学療法士の将来性について

超高齢化社会を迎えようとしているなかで、2000年より介護保険制度も始まり、医療や保険、福祉が連携したリハビリテーション分野での理学療法士のニーズは増大しています。

理学療法士の資格取得者は4万人を超えていますが、まだまだ十分な数には達していません。お年寄りに限らず、身体に障害のある子供からスポーツ医学の分野など、幅広い人たちに対し理学療法士の仕事の需要が高まっています。

また、理学療法士の新たな分野として、スポーツ障害に対するリハビリテーションがあります。スポーツ選手のトレーナーとしての理学療法士の役割が注目されています。
 
 
→理学療法士の学校、講座を見る

 

≪ 理学療法士国家試験 試験概要 | 理学療法士(PT) | 理学療法士 講座情報 ≫