トップページ > 理学療法士(PT) > 理学療法士の職場

理学療法士の職場

理学療法士は医師の指示のもとで、リハビリテーションを行うことが義務づけられています。
ですから理学療法士の職場は、一般病院やリハビリテーションセンターなどの、医療現場で働く人が大半となっています。

理学療法士の中の割合では少なくなりますが、特別養護老人ホームや、デイケアセンターなどの高齢者のための福祉施設でも、理学療法士を雇用するところが増えてきています。理学療法士の求人数は、介護職員に次ぐ数となってきています。

福祉施設の中では特に、理学療法士は児童福祉施設と身体障害者更生援護施設(身体に障害を持つ人たちへ治療やリハビリテーションを行う施設)で重要な役割を担っています。

最近では、理学療法士としてシルバーサービス企業に就職したり、独立して複数の施設と契約する理学療法士も増えており、様々な働き方ができるようになってきています。

いまや理学療法士は、病院や福祉施設で欠かせない存在となっています。

 
 
 
〜〜〜理学療法士が活躍する職場例〜〜〜

・医療機関
  一般病院
  精神・神経科病院
  リハビリテーションセンター
  老人病院
  小児病院

・医療と福祉の連携施設
  介護老人保健施設
  訪問介護ステーション
  デイケアセンター

・福祉施設
  特別養護老人ホーム
  老人福祉センター
  在宅介護支援センター
  身体障害者更生援護施設
  児童福祉施設

≪ 運動療法と物理療法 | 理学療法士(PT) | 理学療法士資格取得への道 ≫