トップページ > 理学療法士(PT) > 運動療法と物理療法

運動療法と物理療法

理学療法士が行う治療には運動療法と物理療法の2つがあります。

運動療法とは
関節の曲げ伸ばしにより関節の可動範囲を広げたり、バーにつかまって歩行訓練を行うといった体を動かすことで、筋力を増強し、運動の再学習を行う療法です。
実際に理学療法士が行う運動療法の実例を見てみましょう。


〜〜〜理学療法士が行う運動療法の実例〜〜〜

・筋力強化訓練
  重錘ベルト、ゴムバンド、ダンベル、徒手を用いて筋力を強くする訓練。

・関節可動域訓練
  機械、徒手を用いて固くなった関節の動きを良くする訓練

・歩行訓練
  平行棒、歩行器、松葉杖、T字杖を用いて歩く訓練

・基本動作訓練
  マット、ベッドを用いて寝返り、起き上がり、立ち上がり、
  車椅子への移乗の訓練
 
 
 
 
物理療法とは
マッサージや電気、温熱、光線などを用いて痛みを和らげ、関節の可動範囲を広げるなど生活動作を容易にする療法のことです。
実際に理学療法士が行う物理療法の実例を見てみましょう。


〜〜〜理学療法士が行う物理療法の実例〜〜〜


・温熱療法
  ホットパック等を用いて痛みの軽減を目的とする治療

・電気療法
  低周波、干渉波等を用いてしびれの軽減、麻痺筋の促通を目的とする治療

・光線療法
  赤外線、マイクロウェーブ等を用いて患部を温め、
  痛みの軽減や運動療法の前処置として行う治療

・水治療法
  渦流浴等を用いて痛みの軽減や運動療法の前処置として行う治療

・機械的療法
  牽引装置(腰椎、頚椎)を用いてしびれの軽減、
  筋肉を伸ばすことを目的とする治療

≪ 理学療法士の仕事内容 | 理学療法士(PT) | 理学療法士の職場 ≫