トップページ > 理学療法士(PT) > 理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事内容

理学療法士は身体に障害をもつ人々の機能回復、例えば立つ、歩く、曲げる、伸ばすといった、人間の基本的な動作の回復を手助けする仕事です。
最新の理論と技術指導で障害の回復や身体機能低下の予防を図り、日常生活で自立できるよう援助していくのが理学療法士の主な役割です、

医師の主な役割は、病気そのものを治療することですが、
理学療法士は、治療後の障害を最小限に食い止め、残っている機能を最大限に回復していくために指導する役割を担います。

理学療法士は、医師や看護師などの専門職とチームを組んで治療を実施していきます。

理学療法士の主な仕事内容
・問題点の把握
・治療プログラムの立案
・リハビリテーションの指導、援助
・日常生活の動作訓練
・義肢や装具などの導入

≪ 理学療法士(PT)とは | 理学療法士(PT) | 運動療法と物理療法 ≫