トップページ > 福祉住環境コーディネーター > 福祉住環境コーディネーターの今後の課題

福祉住環境コーディネーターの今後の課題

日本の一般的な住宅は、

 ・部屋が狭い
 ・廊下の幅が狭い
 ・段差があちこちにある。
 ・扉の幅が狭い
 ・階段が急である
 ・細かく壁で仕切られている

など、高齢者や身体障害者にとって、非常に住みにくい構造です。

いざ、車椅子などの福祉用品を使おうと思っても、
家の中での移動が非常に困難な場合が多くあります。

病院等の施設内での訓練により、身体機能が回復した人でも、自宅へ戻ったとたんこのような家の作りが原因で自分の思うように動けず、最悪の場合寝たきりに戻ってしまったという事例もあります。

超高齢化社会を迎えようとしている現在、要介護者の自立を促すことは必至であり、社会全体で日本の住宅構造を改善していく姿勢が必要になってきています。
また、住宅構造を見直すことは、介護をする人の負担を減らすことにも大きく役立っています。


福祉住環境コーディネーターの検定試験を受ける人に、サービス業や建築関係、リフォーム関係の人の割合が多くなってきていることから、徐々に日本の住宅関係者にも住宅構造に改善が必要だとの認識が広まりつつあります。

一部ではありますが、高齢者や障害者のための住宅リフォームや設計を専門とする会社も設立されており、今後福祉住環境コーディネータの活躍の場はますます広がっていくことでしょう。
 
 
→福祉住環境コーディネーター2級3級の講座情報を見る
 
→福祉住環境コーディネーターの学校、講座を比較する


≪ 1級 試験概要 | 福祉住環境コーディネーター | 福祉住環境コーディネーター2級3級講座情報 ≫