トップページ > 福祉住環境コーディネーター > 資格取得への道

資格取得への道

福祉住環境コーディネーターの検定試験を受験するにあたっての、資格等はありません。
学歴、年齢、性別、国籍に制限はありません。

福祉住環境コーディネーターのもともとは、福祉センターや在宅介護支援センターなどで働くソーシャルワーカーや、病院などで働く理学療法士や作業療法士、または建築設計士などが業務の一環として要介護家庭の住宅改造などに相談業務を行ってきました。

これら、様々な分野の人材をつなぐ調整役として誕生したのが福祉住環境コーディネーターです。

保険、福祉、医療、建築の幅広い知識が必要とされる為、現状ではこれらの業務と兼ねて活動している福祉住環境コーディネーターが多いようです。

→福祉住環境コーディネーター2級3級の講座情報を見る

→福祉住環境コーディネーターの学校、講座を比較する

≪ 福祉住環境コーディネーターの職場 | 福祉住環境コーディネーター | 3級 試験概要 ≫