トップページ > 福祉住環境コーディネーター > 福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者の視点に立って、それぞれの人が置かれている状況にあわせて『何が最適な住環境か、現状の問題点は何か』を見つけ出し、当事者自身が気付いていないニーズを発見することも、福祉住環境コーディネーターの大事な仕事で、それを実現するための支援を行ないます。


福祉住環境コーディネーターの具体的な仕事内容としては
下記のものがあります。

バリアフリー住宅への新築、建て替え、リフォームなどの住環境整備
住宅改造についての相談を受けた福祉住環境コーディネーターは、それぞれの家庭を訪問し、障害者やの障害の程度等を理解したうえで、ベッドの位置、廊下と部屋の段差、トイレや浴室の状態まで、様々な面から日常生活に不便なところを調査、把握し、本人や家族との話し合いを通じて最適な住環境づくりのための改造プランを提案します。


福祉政策や保健・福祉サービス、補助金などの厚生全般にわたる情報の提供
福祉住環境コーディネーターは工務店やリフォーム会社、あるいは福祉用具を取り扱う販売店などと連絡を取り合って、費用を明らかにする必要もあります。福祉住環境コーディネーターは福祉の施策や補助金、融資などについての情報提供も行っていきます。


専門家と一般家庭を結ぶ、連絡業務
福祉住環境コーディネーターは、保健、医療、福祉、建築、行政、民間企業など、さまざまな分野の専門家と一般家庭を結ぶパイプ役として幅広い知識を発揮します。


≪ 福祉住環境コーディネーターとは | 福祉住環境コーディネーター | 福祉住環境コーディネーターの職場 ≫