トップページ > 福祉住環境コーディネーター > 福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとはどんな仕事?

福祉住環境コーディネーターは、お年寄りや障害をもった人たちが、住みやすい家や環境を提案するアドバイザーです。

他の先進国に比べ、日本では社会のバリアフリー化が遅れていると言われていましたが、近年になって、ようやく駅や公共施設などでのバリアフリーが目に見える形で現れはじめてきました。
それでは、高齢者や障害者が一番長い時間を過ごす一般的な住宅の中はどうなっているのでしょうか?

現実には住宅の構造に不便があるために、お年寄りや障害者が家の中で動くのに不自由したり、せっかくの福祉機器や介護用品を活用できないことが少なくありません。お年寄りや障害者が、階段や浴室で滑ったり、段差でつまづいたりするなどの、住宅内での事故も後を絶えません。

こうした危険は不便を解消するために、福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者のいる家庭の住宅設計やリフォームに関する相談を受け、住みやすい住環境を提案したりアドバイスをしたりします。福祉住環境コーディネーターは、建築・医療・福祉について体系的で幅広い知識を持ち、各分野の専門家と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。

福祉住環境コーディネーター | 福祉住環境コーディネーターの仕事内容 ≫