トップページ > 精神保健福祉士 > 実務経験

実務経験

精神保健福祉士国家試験の受験資格を得るために必要な実務経験は、次の施設・事業において精神障害者の社会復帰に関する相談業務を主たる業務として行っている人です。


●相談援助の業務

相談援助とは、精神保健福祉士法に規定する精神保健福祉士の業務である精神障害者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のための必要な訓練その他の援助を行うことをいいます。

(例)
・精神障害者の社会復帰に関し、退院後の住居や就労及び各種の給付制度などの相談に応じること。
・精神障害者が社会復帰を行うにあたり、どのような支援制度を利用すべきか等、退院後の生活についての助言、指導を行うこと。
・規則的な生活、金銭の自己管理及び掃除、洗濯、買い物などの日常生活への適応のための必要な訓練を行うこと。
・その他家庭あるいは職場、学校との連絡調整や手続きなどの援助を行うこと。


●実務経験の指定施設

・精神病院
・病院又は診療所
・保健所
・市町村保健センター
・精神保健福祉センター
・精神障害者生活訓練施設
・精神障害者福祉ホーム
・精神障害者授産施設
・精神障害者福祉工場
・精神障害者地域生活支援センター
・精神障害者地域生活援助事業を行う施設

 
→精神保健福祉士の学校、講座を比較する
 
 

≪ 基礎科目 | 精神保健福祉士 | 試験概要 ≫