トップページ > 精神保健福祉士 > 仕事内容と職場

仕事内容と職場

精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)の業務

精神保健福祉士の業務は大きく次の2つに分けられます。

1.精神障害者に対する相談援助

2.医療上のケアを受けた後の社会復帰に必要なアドバイス等を行う。

精神保健福祉士の職場

●病院
精神科医療機関では、受診や入院〜退院までに直面する問題についての相談や、療養中の経済的な問題や心配事、社会復帰に関すること、入院中の人権擁護に関することなど幅広い相談を通して、その人の問題解決のための援助・支援を行っています。医療相談室などでの相談活動が中心となります。

●保健所
保健所では、地域住民の精神の健康に関する相談窓口となっています。断酒会活動や、地域訪問活動などを含め、デイケアの運営や家族会の支援等も行っています。

●精神保健福祉センター
精神保健福祉センターは、精神保健福祉に関する調査・普及活動や保健所などへの技術的な支援を行っています。

●精神障害者社会復帰施設
法律で定められた社会復帰施設には、精神保健福祉士の配置が義務づけられています。利用者のニーズにあわせて、その人に合わせた形での社会参加や社会復帰を実現していくためのさまざまな援助・支援活動や必要な情報提供を行います。

●小規模作業所・グループホーム
日中の活動の場としての小規模作業所と、生活の場としてのグループホームは、地域で精神障害者が安心して暮らしていくうえで非常に重要な役割を担っています。
できるだけ利用者や入居者の主体性を尊重し、生活を側面的に支援することが精神保健福祉士の仕事です。


≪ 精神保健福祉士とは | 精神保健福祉士 | 資格取得への道 ≫