トップページ > 社会福祉士 > 社会福祉士の今後の課題

社会福祉士の今後の課題

社会福祉士の資格は「名称独占資格」です。

社会福祉士の国家資格を持たない人が社会福祉士を名乗ることは出来ませんが、社会福祉士が行う業務、例えばソーシャルワーカーなどの仕事を、国家資格を持たない人が行うのは可能です。

また、社会福祉士には、専門知識と専門技術の土台となる社会福祉士個人の人間性が求められます。
社会福祉士国家試験に合格しただけでは、社会福祉全般についての知識や技術があることを認められたに過ぎないのです。

現実の社会では児童虐待、不登校、いじめ、引きこもりなど、社会のひずみは、子供や女性などの弱者の生活に襲い掛かってきます。現代社会において、このような問題を解決するのには個人や家族の力には限界があり、社会全体で問題の解決を図っていくことが必要です。

このように問題を抱える利用者と、信頼関係を築くことができる人間性をもった社会福祉士が今後求められていくでしょう。

≪ 社会福祉士国家試験 試験概要 | 社会福祉士