トップページ > 社会福祉士 > 実務経験となる指定施設に準ずる施設と業務

実務経験となる指定施設に準ずる施設と業務

指定施設以外の次の施設・事業において福祉に関する相談援助業務に従事した者は、社会福祉士の受験に必要な実務経験を有するものと認められます。

・授産施設(生活保護法)
・宿所提供施設(生活保護法)
  指導員(作業指導員、職業指導員を除く。)

・有料老人ホーム
・高齢者総合相談センター
  相談援助業務を行っている専任の相談員

・隣保館
  相談援助業務を行っている専任の指導職員

・地域福祉権利擁護事業
  (都道府県社会福祉協議会において実施する事業)
  専門員

・市町村社会福祉協議会
  福祉活動専門員
  相談援助業務を行っている専任の職員
  (主として高齢者、身体障害者、知的障害者、精神障害者、
   児童その他の要援護者に対するものに限る。)

・児童デイサービス事業を行っている施設
・身体障害者相談支援事業(市町村障害者生活支援事業)
・障害児相談支援事業・知的障害者相談支援事業(療育等支援施設事業)
  相談援助業務を行っている専任の職員

・肢体不自由児施設又は重症心身障害児施設と同様な治療を行うため
 都道府県から委託を受けた指定医療機関
  児童指導員

・独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
  相談援助業務を行っている専任の指導員
  相談援助業務を行っている専任のケースワーカー

・知的障害者福祉工場
  相談援助業務を行っている専任の指導員

・地方更生保護委員会、保護観察所
  保護監察官

・更生保護施設
  補導主任
  補導員

・労災特別介護施設
  相談援助業務を行っている主任指導員

・心身障害児総合通園センター
  相談援助業務を行っている専任の職員

・児童自立生活援助事業を行っている施設
  相談援助業務を行っている専任の相談員

・短期入所生活援助、夜間養護等事業
  相談援助業務を行っている専任の職員
地域子育て支援センター事業
  相談援助業務を行っている専任の職員
・重症心身障害児(者)通園事業を行っている施設
  児童指導員

・点字図書館
・聴覚障害者情報提供施設
・身体障害者デイサービス事業を行う施設
・身体障害者短期入所事業を行う施設
・身体障害者自立支援事業
  相談援助業務を行っている専任の職員

・「障害者110番」運営事業を行っている施設
  相談援助業務を行っている専任の相談員

・精神障害者グループホーム
・知的障害者グループホーム
・知的障害者生活支援事業
・知的障害者デイサービス事業を行っている施設
・知的障害者短期入所事業を行っている施設
  相談援助業務を行っている専任の職員

・指定通所介護(老人デイサービス事業)を行う施設
・基準該当居宅サービスに該当する通所介護(老人デイサービス事業)を行う施設
・指定短期入所生活介護(老人短期入所事業)を行う施設
  生活相談員・生活指導員

・指定通所リハビリテーションを行う施設
・指定短期入所療養介護を行う施設
  支援相談員

・居宅介護支援事業を行っている事業所
  介護支援専門員

・生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)
・高齢者世話付住宅(シルバーハウジング)
  生活援助員

・地域福祉センター
  相談援助業務を行っている専任の職員

≪ 実務経験となる指定施設及び相談援助業務 | 社会福祉士 | 社会福祉士国家試験 試験概要 ≫