トップページ > 社会福祉士 > 社会福祉士の職場

社会福祉士の職場

社会福祉士の資格は社会福祉士というひとつの職種に限定されるものではなく、様々な福祉の職種で必要とされるものです。ですから社会福祉士の資格を取得している人の職場は非常に広範囲にわたるといえます。
以下に、社会福祉士が主に活躍している職場を挙げます。


  〜〜〜〜社会福祉士が活躍する主な職場〜〜〜〜

●社会福祉施設での社会福祉士
高齢者のための施設、障害者のための施設、児童・母子・女性のための施設等で、社会福祉士は、生活相談員、母子指導員、児童指導員として働きます。
老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービスセンター、在宅介護支援センター、児童養護施設、母子生活支援施設、身体障害者療護施設、児童自立支援施設、身体障害者福祉工場等、様々な職場に社会福祉士の需要があります。

●公的機関での社会福祉士
社会福祉士が公的機関で働くには、まずは公務員の採用試験に合格している必要があります。
その後、社会福祉士は公務員として都道府県及び市町村の庁舎や、役所、福祉事務所、児童相談所、身体障害者構成相談所等に所属し、相談援助職員として働きます。

●社会福祉協議会(社協)での社会福祉士
社会福祉協議会(社協)は各都道府県や市町村に設置されている民間の非営利団体です。
社会福祉士は、福祉活動指導員、福祉活動専門員として地域住民の福祉に関する相談を受けたり、福祉の向上を目指し、福祉サービスの企画実施を行います。

●シルバーサービス産業での社会福祉士
有料老人ホームやデイサービス事業、福祉用品の販売など、高齢者や障害者にサービスや商品を提供する民間企業で社会福祉士が必要とされています。商品やサービスの質の向上のために、福祉の専門職である社会福祉士の需要が高まっています。

●病院等の医療機関での社会福祉士
病院、保健所等の保険医療機関にて、社会福祉士は、患者や家族の心理面や経済面での問題解決を援助する、医療ソーシャルワーカーとしての従事します。

≪ 社会福祉士の仕事内容 | 社会福祉士 | 資格取得への道 ≫