トップページ > 社会福祉士 > 社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事を一言でいうと、「相談援助」です。
こうした援助技術のことを、ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)といい、
社会福祉士の資格を取得することで、ソーシャルワークを行う技術を認められることとなります。

社会福祉士が行うソーシャルワークは次の3つ分けられます。

@直接援助技術

 直接援助技術はさらに2つに分けられます・
 
・ケースワーク(個別援助技術)
   利用者と援助者(社会福祉士)が1:1で対面し、
   援助者は利用者の抱えている問題について相談に乗り、
   利用者が自主的に問題解決にあたれるよう、
   援助、指導していきます。
 
・グループワーク(集団援助技術)
   利用者と援助者(社会福祉士)は、複数:1となります。
   同じような問題を抱えた利用者が何人か集まり、援助者はあくまで
   補佐する形でグループに参加し、利用者達の自主的な問題解決
   を援助していきます。
   一般的に利用者間で情報を交換することにより、問題解決が早まる
   と言われています。


A間接援助技術

 社会福祉士から利用者への直接支援ではなく、
 地域を対象にした支援体制づくりや、
 直接援助技術を有効に活用するための様々な技術のことをいいます。
 環境に働きかけることによって、福祉サービスを利用する人や家族に対
 して間接的に援助を行い、問題解決を図る方法です。
 
 コミュニティーワーク(地域援助技術)と呼ばれ、
 社会福祉士は、コミュニティーワーカーとして、地域における福祉の
 組織化を推進したり、地域の福祉機関との連絡調整業務を行います。
 地域社会における福祉の重要な担い手となる職業です。

B関連援助技術

 社会福祉援助技術を支援する援助技術のことをいいます。
 適切なサービスを様々なニーズをもつ利用者に提供するためには、
 社会福祉士と多職種にわたる専門職の連携とチームによるアプローチが
 重要であり、 それらの能力が専門職に求められています。
 それを可能にする技術としてケアマネジメント、スーパービジョン、
 コンサルテーション、ネットワーク、カウンセリング、などの
 関連援助技術があります。

≪ 社会福祉士とは | 社会福祉士 | 社会福祉士の職場 ≫