トップページ > 社会福祉士 > 社会福祉士とは

社会福祉士とは

社会福祉士とは、

「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づき、国家資格である社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由から日常生活を送るうえで支障がある人達や家族の福祉に関する相談にのり、社会福祉の制度や様々なケア、福祉サービスを活用して、社会的に自立するための助言、指導、援助を行うことを主な仕事としています。
このような援助技術のことは、ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)と呼ばれています。

社会福祉士は国家資格でありますが、社会福祉士という職種があるわけではありません。

生活相談員、児童福祉司など、相談や援助を業務とする職種に就いている人たちが、社会福祉士の資格を取得していたり、目指しています。
それは、社会福祉関連の広範囲な知識と技術を必要とする社会福祉士の資格を取得していれば、その職務に大変役立つとともに、就職にも有利に働くといえるからです。

特に下記の職種についている場合は、社会福祉士の資格を取得すると仕事を進めるうえで大変有利になるといえます。

  ・生活相談員 ・生活指導員 ・ケースワーカー ・ソーシャルワーカー 
  ・児童指導員 ・児童福祉師 ・家庭相談員 ・母子指導員 ・少年指導員

社会福祉士 | 社会福祉士の仕事内容 ≫