トップページ > 介護支援専門員(ケアマネージャー) > 介護支援専門員・今後の課題

介護支援専門員・今後の課題

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、介護保険制度の導入で誕生した新しい資格のため、今後も必要人員の不足の傾向があり、大変将来性のある資格と言えます。

一方で、保険・福祉・医療関係の資格取得者の多くが、将来的に介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格取得を希望していると言われ、いずれ介護支援専門員も飽和状態になるのではという危惧もあります。


介護支援専門員の資格を取得してからの働き方として、
介護支援専門員(ケアマネージャー)としての業務のみ行う人
今の職種を続けながら、介護支援専門員(ケアマネージャー)としても働く人
と、人によって、または施設の方針によって働き方は様々ですが、
前者は利用者との接点が少なく、信頼関係を築くのが難しいという問題、
後者は仕事を兼務することによって、仕事量が増え、負担が大きくなることがあります。
 
 
現実には、介護支援専門員(ケアマネージャー)の職種のみで新たに採用されることは少なく、
現在の職種を続けながら、介護支援専門員(ケアマネージャー)としての業務を行うことがほとんどです。

≪ 試験概要 | 介護支援専門員(ケアマネージャー) | 介護支援専門員ケアマネージャー講座情報 ≫