トップページ > 介護支援専門員(ケアマネージャー) > 介護支援専門員資格取得への道

介護支援専門員資格取得への道

●介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を得るための、大まかな流れを以下に示します。

@規定された職種において、規定以上の実務経験を積む

    介護支援専門員の資格を得るためには、
    有資格者は5年以上の実務経験、
    無資格者は10年以上の実務経験が必要です。
    対象となる資格や職種はこちらを参照して下さい。
 

A「介護支援専門員実務研修受講試験」を受験する

    介護支援専門員実務研修受講試験は、
    各都道府県において年1回実施されます。
    試験要綱は試験日や受験料等、自治体によって異なりますので
    必ず各都道府県の介護保険課等へお問合せ下さい。
    試験概要はこちらを参照して下さい。
 

B実務研修を修了する

    介護支援専門員実務研修受講試験合格者には
    合格通知と実務研修の受講通知が送られてきます。
    期間は原則として、6日間、32時間、
    要介護認定や介護サービス計画などに関する演習や実習を行います。
    こちらも各都道府県において実施されますので、
    詳細が異なることがあります。


C介護支援専門員(ケアマネージャー)として登録される。

    研修を終了した方には、研修終了後約1カ月程度で
    介護支援専門員の「研修修了書」「登録証明書」が送られてきます。

≪ 介護支援専門員(ケアマネージャー)の職場 | 介護支援専門員(ケアマネージャー) | 介護支援専門員・受験資格 ≫