トップページ > 介護福祉士(ケアワーカー) > 介護福祉士とホームヘルパーとの違い

介護福祉士とホームヘルパーとの違い

介護福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者である。」と定められています。


●介護福祉士とホームヘルパーとの違い

一般の人から混同されがちな、介護福祉士(ケアワーカー)とホームヘルパーの違いを見てみましょう。

・ホームヘルパー
厚生労働省が認定した講習事業者の講習を修了するだけで資格が取れる公的認定資格です。
・介護福祉士
介護福祉士は、試験に合格して得られる国家資格です。


介護福祉士とホームヘルパーで、実際の仕事の内容はほとんど変わりませんが、活躍の場には次のような違いがあります。

・ホームヘルパー
別名訪問介護員と言われるように、主に高齢者や身体障害者の家庭を訪問し、日常生活全般の援助を行います
・介護福祉士
高齢者や身体障害者などの施設に勤めるなど、活躍の場が広く、雇用側の待遇もいいケースが多いです。
 
 

介護福祉士(ケアワーカー) | 介護福祉士の仕事内容 ≫