トップページ > 介護職員初任者(ホームヘルパー) > 介護職員初任者(ホームヘルパー)からのステップアップ

介護職員初任者(ホームヘルパー)からのステップアップ

介護職員初任者(ホームヘルパー)は、資格がなくても出来る仕事とはいえ、利用者は、介護職員初任者(ホームヘルパー)の人柄や自分との相性などがいい事などに加え、ベテランの方に来てもらいたいと思っています。

介護職員初任者(ホームヘルパー)としての自分の経験、能力、知識を客観的に証明するには、
やはり、介護職員初任者(ホームヘルパー) → ホームヘルパー1級とスッテップアップしたいものです。

特に介護職員初任者(ホームヘルパー)を採用する側(会社や施設、地方自治体)は、
介護職員初任者(ホームヘルパー)の資格と合わせて「介護福祉士」の資格をもっている人を
優先して採用しており、給与面でも待遇しているケースが多く見られます。

介護福祉士は国家資格であり、試験に合格して得られます。
実際の仕事の内容はほとんど変わりませんが介護職員初任者(ホームヘルパー)が利用者の家庭を訪問し、日常生活全般の援助を行うのに対し、介護福祉士は高齢者や身体障害者などの施設に勤めるなど、活躍の場が広く、雇用側の待遇もいいのが特徴です。

→介護職員初任者(ホームヘルパー)の講座情報を見る

→ホームヘルパー1級の講座情報を見る 

→介護職員初任者(ホームヘルパー)の講座を比較する 

≪ ホームヘルパー1級になると | 介護職員初任者(ホームヘルパー) | 介護職員初任者(ホームヘルパー)のこれからの課題 ≫