トップページ > 介護福祉士(ケアワーカー) > 介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事内容

●介護福祉士の具体的な仕事内容は

介護とは、認知症や寝たきりの老人、身体障害者、知的障害者など日常生活を営む上で支障がある人を対象にして、彼らの動作・家事・健康管理・社会活動を援助することです。

介護福祉士の具体的な仕事としは、次のようなものがあげられます。

@家事援助
掃除、選択、調理、部屋の整理整頓

A身辺介助
食事、入浴、排泄、着替え、外出時の送迎などの介助

B健康管理
与薬、水分補給、病院への付き添い、医療機関への連絡

C社会活動援助
家族や近隣の人たちなど対人関係の仲立ち、余暇活動の参加


介護福祉士には、介護に関する技術のみならず、調理や栄養学、心理学、一般的な医学など様々な分野の知識が要求されます。
また介護する相手が高齢者や身体障害者中心なため、特に入浴や移動時などの介護では体力的にハードになることもあります。


もう一方の重要な介護福祉士の業務として、次のものがあります。

D介護技術や知識の指導

E介護計画、介護記録の作成

要介護者の家族に大して、介護に関する指導や調理・栄養など介護する上で必要な知識や技術の助言を行ったり、他の介護職員、医療職員や家族などとも連携し、介護計画や介護に関する記録を作ることも介護福祉士の重要な仕事であります。

≪ 介護福祉士とホームヘルパーとの違い | 介護福祉士(ケアワーカー) | 介護福祉士の職場について ≫