トップページ > 介護職員初任者(ホームヘルパー) > 資格取得への道

資格取得への道

介護職員初任者研修の受講

ホームヘルパーとして働くのに、法的な資格は必要ありませんし、試験もありません。

しかし、厚生労働省が定めた基準によって、各地方自治体や民間の養成研修機関が主催している養成研修を修了すればホームヘルパーの資格が持てるため、実際の採用条件では、介護職員初任者研修以上とされるケースが多くなっています。

養成研修は介護知識や技術などのホームヘルパーサービスの質の向上を図るために実施されているもので、各都道府県で1級から3級の認定をしています。

ホームヘルパー3級と2級では、同じ業務内容でも収入面での差が出る為、最近は入門コースである3級よりも基本研修である2級から受講する人がほとんどです。
1級(230時間)は2級修了者が対象で、主任ホムヘルパー養成が目的です。
 

各級の受講資格と研修期間

[1級]
介護時に他のヘルパーをまとめる中心的ホームヘルパーの養成を目的とする。
受講資格:ホームヘルパー2級資格を取得後、介護実務経験があること
       (実務経験については、各都道府県により異なる)
研修時間:230時間

[2級]→介護職員初任者という名称に変わりました
ホームヘルパーの業務に関する知識及び技術の習得を目的とする。
受講資格:特になし(介護未経験者、3級未修了者も受講可能)
研修時間:130時間。

[3級]
ホームヘルパーの業務に関する基礎的な知識及び技術の習得を目的とする
受講資格:特になし(介護未経験者も受講可能)
研修時間:50時間。

→介護職員初任者研修の講座情報を見る

→ホームヘルパー1級の講座情報を見る

→介護職員初任者研修の講座を比較する 

≪ 勤務形態 | 介護職員初任者(ホームヘルパー) | ホームヘルパー1級になると ≫