トップページ > 介護職員初任者(ホームヘルパー) > 仕事内容

仕事内容

高齢者や障害者の多くが、病院や施設ではなく、住み慣れた自分の家で暮らしたいと思っています。その願いを実現し、介護する家族の負担を軽減するために、自宅での介護を含む生活全般を援助するのがホームヘルパーです。

具体的な仕事内容は、

●身体介護
食事、着替え、入浴、排泄などの補助

●家事援助
掃除、洗濯、調理、買い物などの補助

●その他
身体介護の記録の保管、主治医や保健師との連絡、通院介助など

ホームヘルパーに求められる仕事は、各家庭によって様々な為、利用者の症状や生活習慣に合わせて、柔軟な対応が求められます。
また、悩み事の相談やアドバイスなど、利用者の精神的な安定が得られるよう、ケアに努めることも必要です。そして、利用者の生活の質を高め、いつまでも安心して暮らせるように援助し、さらに要介護者と生活をともにする家族の介護負担を軽減していく仕事です。

≪ 介護職員初任者(ホームヘルパー)の歴史 | 介護職員初任者(ホームヘルパー) | 勤務形態 ≫