トップページ > 介護支援専門員(ケアマネージャー) > 介護支援専門員の仕事内容2

介護支援専門員の仕事内容2

介護支援専門員(ケアマネージャー)の仕事は、
大きく分けて次の3つがあります。

・市町村からの委託を受けた訪問調査
・適切なサービスが受けられるように、市町村や居宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡調整
・介護サービス支援計画(ケアプランの作成)


●連絡調整業務

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、介護保険制度を推進するために、要介護者や家族と、介護サービスを提供する業者や施設との間での連絡業務、つまり「橋渡し役」となります。

専門知識のない利用者にも、わかりやすく各施設やサービスの内容を提供し、利用者が希望や、要介護の度合い、予算にあった最適なサービスを受けられるよう、介護支援専門員(ケアマネージャー)は、利用者と施設の間に立って連絡・調整業務を行います。

また、介護する家族の病気などで、要介護者を緊急に施設等に預ける必要が出た場合なども、予算や期間を考慮して素早く手配することも、介護支援専門員(ケアマネージャー)になると必要となってきます。
 
 

●介護サービス支援計画(ケアプラン)作成

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、介護保険制度を熟知し、医療や福祉の様々なサービス内容を理解しておく必要があります。

利用者にとって一番気にかかることは料金です。
サービスの利用額は、サービス内容によってもちろん違いますし、同じサービスでも利用者の要介護度のランクによって自己負担額が異なってきます。

自宅での介護は、要介護者の家族が、介護の大部分を行っています。介護保険制度による介護サービスとはあくまで支援に過ぎませんので、家族が介護のどの部分で、どの程度、どんな介護サービスを必要としているのかは、各家庭よって様々です。
これらを予算を含めてじっくり話し合って、介護支援専門員(ケアマネージャー)は、利用者とその家族にベストな介護の計画、ケアプランを作成していきます。

≪ 介護支援専門員の仕事内容1 | 介護支援専門員(ケアマネージャー) | 介護支援専門員(ケアマネージャー)の職場 ≫