トップページ > 介護支援専門員(ケアマネージャー) > ケアマネーシャーとは

ケアマネーシャーとは

一般的に「ケアマネージャー」と呼ばれている職種は、
公的文書では「介護支援専門員」となっています。

介護支援専門員は(ケアマネージャー)は、
介護保険制度により誕生した専門職です。

介護保険法では、介護支援専門員(ケアマネージャー)について「要介護者等からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービスまたは施設サービスを利用できるよう市町村、居宅サービスを行う者、介護保険施設等との連絡調整を行う者であって、要介護者等が自立して生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有する者として厚生労働省令で定める者」とされています。


具体的には、医師、歯科医師、薬剤師、保健婦、看護婦、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士などをはじめとする保健・医療・福祉サービスの従事者のうち、一定の実務経験があり、試験に合格した後、実務研修を修了し登録されて得られる資格となります。

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、要介護者等からの相談に応じ、要介護者等の必要な介護の状況や、実際に求めているサービス、予算などを考慮し、適切な在宅サービスや施設サービスを利用できるように市町村、事業者および施設との連絡調整を図る、「橋渡し的」な存在です。


介護支援専門員は、介護保険制度に精通し、医療や福祉面のさまざまなサービス内容を理解しておくことが必要です。そして、要介護者の介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。

ケアプランは要介護者とその家族からの意見を重視し、何度も相談しながら作成していきますが、サービスの利用額が要介護度のランクによって異なる為、満足のいくサービスが納得する利用額で受けられるよう、調整するのも介護支援専門員(ケアマネージャー)の重要な仕事のひとつです。

介護支援専門員(ケアマネージャー) | 介護支援専門員の仕事内容1 ≫