トップページ > 介護福祉士(ケアワーカー) > 試験概要

試験概要

1、受験申込書の提出

 毎年8月中旬から9月中旬に申し込みを受付

2、試験日

 介護福祉士国家試験は年一回、筆記試験と実技試験に分けて実施
 実技試験は、筆記試験に合格した人のみ受験可能
   筆記試験・・・1月下旬
   実技試験・・・3月上旬

3、試験地

 下記の全国12箇所で実施

 北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、
 香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県

4、試験科目

 (a)筆記試験
   5肢択一のマークシート方式による試験
  
   社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、
   社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、
   老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、
   介護概論、介護技術及び形態別介護技術 (計13科目)

 (b)実技試験
   介護等に関する専門的技能について、モデルを使って実施
   
   なお、第18回試験より、介護技術講習制度が導入されており、
   受験者があらかじめ実技試験か講習かを選択し、
   介護技術講習を受講し修了すれば、
   申請により実技試験を免除することができます。


4、受験手数料

 13,300円

5、合格発表

 3月末

【問い合わせ先】

財団法人 社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6
SEMPOビル
TEL: 03-3486-7521

≪ 受験資格となる実務経験について | 介護福祉士(ケアワーカー) | ステップアップ ≫