トップページ > 介護福祉士(ケアワーカー) > 資格取得への道A

資格取得への道A

介護福祉士になるには国家資格が必要です。

介護福祉士の国家資格を得るには、大きく分けて2つのルートがあります。
  @厚生労働省の指定する養成施設を卒業し、資格とる。(国家試験不要)
  A介護福祉士国家試験に合格し、資格をとる。


こちらでは、A介護福祉士国家試験に合格し、介護福祉士の資格を取得するルートについて、説明します。
介護福祉国家試験を受験するには、以下のいずれかの受験資格が必要です。

受験資格

a.3年以上の介護等実務経験者

介護等の業務とは、
身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと。
実務経験とみなされる施設と職種についてはこちら

従業期間 1,095日以上    
      ※受験資格の対象となる施設(事業)及び職種での在職期間
従事日数   540日以上    
      ※従業期間内において実際に介護等の業務に従事した日数 有給や研修は含まれない


b.福祉系高等学校卒業者 

福祉系高等学校卒業(見込み)者で、下記の単位を履修していること。

教  科 科  目 単位数
福 祉 社会福祉基礎
社会福祉制度
基礎介護
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
家 庭 家庭総合
看 護 看護基礎医学
合   計 34


福祉系高等学校専攻科卒業(見込み)者

科  目 単位数
社会福祉概論
社会福祉原論及び社会保障論
老人福祉論
障害者福祉論
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
心理学
家政学概論
医学一般
介護概論
合   計
33


→介護福祉士の学校、講座を比較する

≪ 資格取得への道@ | 介護福祉士(ケアワーカー) | 受験資格となる実務経験について ≫