トップページ > 介護福祉士(ケアワーカー) > 資格取得への道@

資格取得への道@

介護福祉士になるには国家資格が必要です。

介護福祉士の国家資格を得るには、大きく分けて2つのルートがあります。
  @厚生労働省の指定する養成施設を卒業し、資格とる。(国家試験不要)
  A介護福祉士国家試験に合格し、資格をとる。
 
 

こちらでは、@養成施設を卒業し、介護福祉士の資格を得るルートについて説明します。

出身した学校によって、養成施設で学ぶ期間が異なります。

a.普通高校卒業    →2年以上の養成施設(専門学校、短大、大学)へ
b.福祉系以外の大学 →2年以上の養成施設(専門学校、短大、大学)へ

c.福祉系大学で指定科目を履修 →1年間の養成施設へ
d.社会福祉士養成施設等を卒業 →1年間の養成施設へ
e.保育士養成施設卒業       →1年間の養成施設へ
 
 
厚生労働省の指定する養成施設には下記のような施設があります。

・文部科学大臣、厚生労働大臣の指定する大学、短期大学、専修、各種学校
・厚生労働大臣の指定する職業訓練校
・厚生労働大臣の指定する社会福祉法人、医療法人


→介護福祉士の学校、講座を比較する

≪ 介護福祉士の職場について | 介護福祉士(ケアワーカー) | 資格取得への道A ≫