トップページ > 介護福祉士(ケアワーカー) > 介護福祉士の職場について

介護福祉士の職場について

介護福祉士として働く現場は、大きく分けて2つ、施設内での仕事と、在宅介護の仕事があります。

施設内での介護福祉士の仕事

高齢者や障害者が利用する施設にて、介護福祉士は介護職員として勤務します。利用者の生活と密着した身辺介護を中心にあらゆる介護を担います。時には生活相談員として、利用者の相談にのることもあります。

介護福祉士が働く施設はたくさんありますが、例として以下のような施設があります。
 ・特別養護老人ホーム
 ・老人保健施設
 ・民間の有料老人ホーム
 ・認知症(痴呆)グループホーム
 ・デイサービスセンター(通所介護)
 ・療養型などの病院、身体障害者更生施設

施設には生活相談員・指導員、作業・職業指導員、介護職員、理学・作業療法士、ソーシャルワーカー、栄養士、看護士など様々な職種の人が利用者の生活を支えています。その中で介護福祉士は、介護職員の中心となって身辺介護を行います。

デイサービスセンターを除く、ほとんどの施設で、介護福祉士の勤務形態は早番、日勤、夜勤の3交替制となります。

在宅介護での介護福祉士の仕事

介護福祉士はホームヘルパーとしての勤務になります。在宅で生活している障害者や要介護高齢者の自宅を訪問して、介護を行います。また、在宅支援センターにおいて、本人や家族の相談や指導、紹介などの業務もあります。

介護福祉士の仕事内容はホームヘルパー2級修了者と変わりませんが、介護福祉士有資格者は、常勤や正社員で雇用されやすく、ホームヘルパー2級修了者より責任の重い仕事を任されるようです。
また、利用者宅を訪問するホームヘルパーを指導・統括するリーダー的な仕事である「サービス提供責任者」に介護福祉士の資格があれば実務経験が無くてもなることができます。

介護福祉士はほとんどの場合、日勤となりますが、「巡回型」と呼ばれる、おむつ交換や体位交換のために15分〜30分単位で利用者宅を訪問する仕事の場合は夜勤があります。

≪ 介護福祉士の仕事内容 | 介護福祉士(ケアワーカー) | 資格取得への道@ ≫