トップページ > 介護職員初任者(ホームヘルパー) > 介護職員初任者(ホームヘルパー)の歴史

介護職員初任者(ホームヘルパー)の歴史

現在の介護職員初任者(ホームヘルパー)がどのような形で誕生したか、介護職員初任者(ホームヘルパー)の歴史を見てみましょう。

1956年
長野県で「家庭養護婦派遣事業」として不時の疾病、傷害等のために家庭内で通常の家事業務を行うことが困難となった場合に、原則として1ヶ月以内の期間で臨時に雇用した家庭養護婦を派遣するようになりました。これがホームヘルパーの発祥といわれています。

1958年
大阪市で「臨時家政婦派遣事業」(翌年に「家庭奉仕員派遣制度」に改称)が始まりました。

1961年
東京都が東京都社会福祉協議会に委託して「家庭奉仕員制度」開始しました。

1962年
国は、全国での家庭奉仕員の拡がりを受け、「家庭奉仕員制度設置要綱」を定め、国庫補助対象の福祉事業としました。

1963年
「老人福祉法」が制定され、「老人家庭奉仕員」として制度化されました。主な対象者は、独り暮らしの低所得の老人で家事援助を中心とした世話が行われていました。
しかし当時は、福祉の世話になるのは恥とした風潮があり、老人家庭奉仕員の出入りを、近所や親戚に知られたくない利用者や家族もいました。

1990年
国が「高齢者福祉整備10ヵ年計画」を打ち出し、ホームヘルパーという名称は登場しました。それまでの家事援助中心だった「老人家庭奉仕員」に代わり、ホームヘルパーは食事、排泄、入浴の世話などの「身体介護」を中心のした職種として注目されるようになりました。

1992年
「チーム運営方式」が実施され、常勤、非常勤、主任のホームヘルパー、ソーシャルワーカー、看護師らがチームを組んで、サービスが提供されるようになりました。これによって医療などの専門知識が必要な状況にすばやく対応できるようになりました。

1995年
「24時間対応ヘルパー制度」が導入され、ホームヘルパーの迅速なサービスと適切な対応が24時間体制でできるようになりました。

2000年
介護保険制度が実施され、ホームヘルパーは「訪問介護員」とも呼ばれるようになりました。介護保険制度では、特定非営利活動法人や民間営利企業等、多様な介護サービスを供給する団体の参入を可能なものとしました。

2013年
2013年4月から、ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修課程に変わりました。
今後は、新設される「介護職員初任者研修課程」からスタートし、「実務者研修」「介護福祉士」そして「認定介護福祉士(仮称)」というようにステップアップが可能となります。

介護職員初任者(ホームヘルパー) | 仕事内容 ≫