トップページ > 資格の種類 > 国家資格・公的資格・民間資格の違い

国家資格・公的資格・民間資格の違い

資格を認定する機関によって、資格はおおまかに次の3つに分けられます。


国家資格
 
国家資格とは、国の法律で定められたもので、国や都道府県知事、あるいは国から指定を受けた団体が実施する資格または試験のことです。

有資格者は、職業的な知識や技術水準が一定水準以上に達していることを国によって認定されます。

国家資格の大部分は「業務独占資格」と呼ばれる、資格習得が業務遂行のための必須条件となっているもので、総じて取得は困難ですが、国から職業的な地位を保障され、社会的な信用度も高い資格です。

しかしながら、その資格の名前を名乗らなければ、他の人でも同じ仕事に就ける資格の場合もあります。
このような資格のことを、「名称独占資格」といわれています。
介護、福祉関係の資格では、社会福祉士や介護福祉士がこれにあたります。
 
 
 
公的資格

公的資格とは、国や地方行政機関が認定する団体が実施する資格または試験のことです。

資格付与の一定基準を所轄庁(厚生労働省など)が認可し、それに従って公的性格を持つ民間団体が実施しています。

介護、福祉関係の資格では、手話通訳士などがあります。
 
 
民間資格

国の法律では定められていませんが、企業や協会などの民間の任意団体が認定する資格のことです。

民間資格には、国家・公的資格と同様に一定水準以上の知識や技能を認定するものから、まったく個人的な称号に及ぶまで様々な性格のものがあります。

しかしながら、民間資格は国家・公的資格と違い法律に定められていない為、資格を利用した悪質商法が存在します。悪質商法に引っ掛からないためにも、その資格の主催団体や信用度などを事前に十分調べることが必要です。

介護、福祉関係の資格では、福祉住環境コーディネーター、臨床心理士などがあります。


≪ 免許と認定 | 資格の種類